News

News

『SDGs』 私たちに出来ること~リペア&リフォーム~

最近よく耳にする「サスティナブル」や「SDGs」。

皆様はどれくらい意識されているでしょうか。

自然の中の羊

「サスティナブル(sustainable)」とは「持続可能な」という意味の英語。

実はファッション業界は「世界で2番目に環境汚染を引き起こしている業界」と言われているほど、環境に与える影響の高さが懸念されています。

例えばファストファッションの洋服は低価格で手に入るメリットがありましたが、その反面、大量生産・大量破棄による環境への負荷が課題となりました。

現在は世界的にファッションの生産・流通において自然環境や社会、人や動物に配慮した取り組みが行われています。

ハンドメイドスーツと職人の手

私たちが出来るサスティナビリティ、それは

▼高品質の「オーダーメイド」により、長く着用できる洋服を仕立てる

▼生地の原材料となる動物たちの育成環境や、製造工程における環境保護に配慮された「サスティナブルファブリック」の推奨

▼“使い捨て”ではなく、洋服を長く愛用するために出来る「リペア」「リフォーム」

今回はこのリペア・リフォームについてご紹介させて頂きます。

オーダースーツ

皆様、クローゼットに眠っている洋服や捨ててしまおうと思っている洋服はありませんか?

GINZA TAILOR(銀座テーラー)ではスーツを丸縫いする職人だからこそできる、正確で美しい修理をさせて頂いております。

他社製品の修理も承っておりますのでぜひご相談下さい。

メジャーと釦と裁断ばさみ

▼サイズ調整

コロナ禍における生活の変化で、体型が変わったというご相談を多く頂いております。

パンツのウエスト部分はもちろんヒップや太ももの太み、ジャケットの身幅(胴回り)なども調整可能です。

全体のシルエットやバランスを見ながら、修理をさせて頂きます。

※既製品などは縫い代が少ないことがあり、寸法を広げることが難しい場合がございます。

(GINZA TAILORのオーダー品は縫い代を多めにとっておりますので、ご安心を!)

スーツの修理かけはぎとミシンタタキ

▼生地の擦切れ・破れ・ほつれ

裾口や内股の擦切れ、ひっかき傷や虫食いなど。

洋服を着ているとどうしても擦切れたり、ほつれたりすることがあります。

かけはぎやミシンタタキなど、修理の方法は様々。

生地の傷口にあわせてご希望を伺いながら、仕上りの美しさを考慮し修理いたします。

フルオーダースーツ

▼流行に合わせたシルエット調整

最近は時代とともにややスマートなシルエットが主流となってきました。

ルーズなシルエットが当たり前だった時代のスーツの修理をお持込み頂くお客様も少なくありません。

形が古いからといって捨ててしまうのは勿体ない。

数十年前のスーツがクローゼットに眠っている、お父様から受け継いだスーツを今風に着たいなど、ぜひご相談下さい。

クリーニング

▼クリーニング

お洋服を最大限いたわりクリーニングをさせて頂きます。

クリーニング後は職人の目でほつれなど無いか、丁寧に確認してからご納品させて頂きます。

こだわりのクリーニングについて⇒https://www.gintei.com/news/6511

 

服のお直しやリペアを施すことで、想い入れのある一着を長く着ることができます。

古くなったと感じる服でも、少し手を加えるだけで新たな魅力と共に蘇ります。

ぜひ一度ご相談下さい。

 

————————

GINZA TAILOR(銀座テーラー)

〒104-0061

東京都中央区銀座5-5-16

銀座テーラービルディング5F

TEL:03-3571-4129

ginza@gintei.com

営業時間 10:00~19:00

定休日 火曜日