日本が世界に誇るアコースティックギタリスト、押尾コータロー様のハンドメイドタキシードのお仮縫いから1ヵ月あまり。職人による渾身の本縫いを終えたタキシードが、ついに完成いたしました!
ご納品の際、お客様には店舗でのフィッティングによる最終確認をお勧めしております。ジャケットやパンツに不自然なヨレや皺がないことを確認し、無事にご納品の運びとなりました。

最終確認

今回、タキシードのお仕立てに際して押尾様には採寸仮縫い、今回の納品と、2カ月足らずで大阪から銀座まで3度も来店頂きました。洋服づくりは仕立ての過程についてもお客様に楽しんで頂く必要がありますが、ご納品時の押尾様の満足そうな表情を拝見し、スタッフ一同も喜ばしい限りでした。
今回使用したドーメル社の生地が持つ、独特の鮮やかさと折りムラは、その仕立て映えも素晴らしいものがあります。

そして先日は早速、開催の弊社イベント「豊穣の会」に、出来たてのタキシードを着用の上で参加頂きました!
多くのお客様がドレスアップしてのご参加でしたが、その中でも押尾様のタキシードは今回のパーティのテーマ「仮面舞踏会」にもピッタリ。ひときわ目を惹く装いで、会に華を添えて頂きました。

押尾様仮面

コンサートにパーティに、押尾様に寄り添う一着として末長くお使い頂くことをお祈りしております!