東京五輪に向けて、銀座地区では街の至るところで工事がおこなわれています。今日は盛り上がりを見せる銀座の様子の一端について、お知らせいたします。

ハイアット セントリック 銀座 東京」の1月22日のオープンに先駆けて、先日内覧会にお邪魔しました。「ハイアット セントリック 銀座 東京」はハイアットグループの新しいライフスタイルブランドで、日本を代表する繁華街である銀座で、初のアジア進出を果たされました。銀座テーラーは銀座5丁目、ハイアット セントリックは銀座6丁目なので、並木通り沿いを歩いて3~4分のご近所です。GINZA SIXなど話題のスポットへもすぐの、素晴らしい立地に開業されています。

Hyatt-Centric-Ginza-Tokyo-NAMIKI667-Bar-Window

164の客室とスイートルームやジムスペースを擁しており、全体的にニューヨークのホテルにある、モダンなインテリアを彷彿とさせます。そんな中にも銀座の歴史を感じさせるアートワークなどが随所にちりばめられており、ハイアットグループの新興ブランドらしい、ハイセンスが印象的です。

デザインのみならず、ライブラリー(ロビー)には銀座をテーマに書籍がディスプレイされていて実際に読書も可能です。また、テーブルの随所には電源やUSBのジャックが設置されています。客室にも広いクローゼットや浴室が備え付けられており、シンプルで使い良い設備の数々は、合理的で洗練されたサービスを想像させます。

銀座地区での散策も、東京各所へのアクセスにも便利な「ハイアット セントリック 銀座 東京」昨日は雪景色の中、船出を迎えました。特に海外や地方からお越しの方には「銀座テーラー」と併せてお立ち寄りください!

ハイアット客室