History

世界に誇る最高の技術“を常に追求し続け、
フルハンドによるオーダーメイドの高級紳士服を仕立てまいりました。
1935年、創業者 鰐渕正志は「鰐渕洋服店」を開業。
1946年に銀座へ進出し「銀座テーラー」の歩みがはじまりました。
“最高のものだけを、世界に1着だけの洋服を。〟という信念のもと、高い技術と品質のものづくりがなされました。
そして、1953年に「高松宮技術奨励賞」スーツ部門、
1956年にはモーニング部門と2度の受賞、
さらに「世界高級紳士服展」の日本代表に4度の選抜をされることとなりました。
熟練した職人技による最高峰の技術と品質のあくなき追求は今もなお継承され、
伝統の技と培われた厳しい眼で選び抜かれた生地によって、1着1着丁寧に仕立てられています。
それゆえ「銀座テーラー」の名を冠する製品は、
日本国内にとどまらず世界の政財界や文化界をはじめとしたVIPや著名人等、多くの人々に愛されています。
銀座テーラーは、これからも変わらぬ“哲学〟と常に柔軟で豊かな創造性とともに品質と個性を守り、
正統なオーダーメイドブランドを継承しその歴史を紡いでいきます。

1935

鰐渕洋服店開業(創業者:鰐渕正志)

開業当時の鰐渕洋服店
開業当時の鰐渕洋服店
当時の店内の様子
当時の店内の様子

1946

銀座へ進出、『銀座テーラー』へ商号変更

みゆき通り店
みゆき通り店
並木通り店
並木通り店
数寄屋橋店
数寄屋橋店

1950

読売巨人軍のユニフォームを創作

読売巨人軍のユニフォームを製作
読売巨人軍のユニフォームを製作

1953・
1956

高松宮技術奨励賞受賞 (シングル背広部門)
高松宮技術奨励賞受賞 (モーニング部門)

高松宮技術奨励賞のトロフィー
高松宮技術奨励賞のトロフィー
高松宮殿下と鰐渕正志
高松宮殿下と鰐渕正志

1958-
1968

世界高級紳士服展 日本代表
(チューリッヒ・アテネ・東京・テルアビブ)

日本代表として参加した鰐渕正志
日本代表として参加した鰐渕正志
サビルロウにて
サビルロウにて

スカルノ元大統領と銀座テーラーにて歓談

スカルノ元大統領と鰐渕正志
スカルノ元大統領と鰐渕正志

1974

元総理大臣 故佐藤栄作氏
ノーベル平和賞授与式着用モーニングを仕立てる

故佐藤栄作氏からの手紙
故佐藤栄作氏からの手紙

1984

2代目:鰐渕正夫就任

1999

みゆき通り店へ移転

みゆき通り店外観
みゆき通り店外観

2005

並木通りへ移転

2006

日本テーラー技術学院 設立

銀座テーラーの職人が講師を務める
銀座テーラーの職人が講師を務める

2006

株式会社銀座テーラーグループ 発足

2010

次世代経営者のグローバルマインドを
育成する『平成サムライ塾』開塾

主催
鰐渕 美恵子
(株式会社銀座テーラーグループ代表取締役社長)
藤原 帰一
(東京大学政策ビジョン研究センター センター長 / 法学政治学研究科 教授)

将来の日本を担う若手経営者の育成を目的としている
将来の日本を担う若手経営者の育成を目的としている

2012

顧客参加型イベント『豊穣の会』スタート

2018年のテーマは「マスカレード」
2018年のテーマは「マスカレード」

2013

映画『少年H』衣装協力・監修

降旗監督、水谷豊さんと鰐渕社長
降旗監督、水谷豊さんと鰐渕社長

2015

2015年 海外支援事業として、
ホテルオークラをトルコ共和国へ誘致
進出の橋渡しを実施

2015

北里大学特別名誉教授 大村智先生に
ノーベル医学・生理学賞授与式着用燕尾服を仕立てる

燕尾服を纏う大村先生(授賞式にて)
燕尾服を纏う大村先生(授賞式にて)

2018

GINZA TAILOR / Ginza Tailor CLOTHO /
GINZA TAILOR Atelier リニューアルオープン

GINZA TAILOR
GINZA TAILOR
GINZA TAILOR Atelier
GINZA TAILOR Atelier
Ginza Tailor CLOTHO
Ginza Tailor CLOTHO

歴代ベストドレッサー受賞者

  • 佐治敬三(1972)
  • 佐藤栄作(1973)
  • 石原慎太郎(1975,1999)
  • 長嶋茂雄(1976)
  • 荒船清十郎(1977)
  • 園田直(1978)
  • 武藤嘉文(1981)
  • 河野洋平(1983)
  • 石川六郎(1989)
  • 橋本龍太郎(1990)
  • 福原義春(1991)
  • 小林陽太郎(1992)
  • 依田巽(2000)
  • 石原伸晃(2001)
  • 安倍晋三(2002,2013)
  • 黒岩祐治(2011)
  • 小山薫堂(2014)
  • 澤田秀雄(2015)

(敬称略)