銀座テーラーlogo
オーダースーツ
ハンドメイド スーツ
facoltanimo
オーダーメイド スーツ
イージーオーダー スーツ
スーツ関連アイテム
店舗案内  会社概要
お問い合せサイトマップenglish
ハンドメイドスーツ
銀座テーラーブランド理念テーラーの歴史フロアの紹介ご愛用者様の声メディア掲載情報よくあるご質問



スーツ作りの伝統の技術
 
技術の伝承と革新


職人魂のこめられたスーツ
銀座テーラーが最初の1着を仕立ててから半世紀、
創業当時からの服作りに対する情熱は変わることはありません。
生地選びから裁断、縫製そして仕上げまでの数多くの工程で
常に技術の伝承と革新を繰り返してまいりました。
職人魂などというと少し古くさく感じるかもしれませんが、
私たちの作り上げる服には、
21世紀の現在もその職人魂が込められています。

 
各所を採寸します


採寸
フルオーダーでは、各所の寸法に加え、
体のラインにも重点を置きます。
姿勢や肩の傾斜など、様々な体のラインを
採寸者が見ながら記録していきます。

採寸箇所
イージーオーダーの採寸箇所に加え
アームホール・背幅・胸幅・肩傾斜・総丈

 
型紙おこし


型紙・裁断
採寸表に基づき、裁断士が型紙をおこします。
この時、体型や各所の体のラインの特徴に
配慮しながら線を引いていきます。
微妙な曲線を出す為「いせ込んで」いけるよう
縫い代は多めに取ります。
またこの段階で、毛芯の身頃分の合わせを行います。

※「いせ込み」=立体にするための裁断方法

 
体型に合わせた芯地


芯地
芯地は1人1人のお客様の体型に合わせ全て手作りします。
弾力性があり型くずれを起こしにくい毛芯(ウール)
バス芯(馬の尻尾)、フェルトを 組み合わせたものを使用します。
上着の「顔」である前身頃は、表地と芯地が
つれないよう「芯据え」という方法で
生地にゆとりを付けます。

 
全て手縫いで仕上げます


縫製
全ての工程を手縫いで仕上げていきます。
使用される生地や芯地の特徴を捉え
仕上げる全体のシルエットを想定しながら
職人の長年の経験を基に
各箇所を縫い上げていきます。
各パーツごとにアイロンでクセ取りを行い
自然な丸みを出していきます。

 
アイロンで調整します


仕上げ
全ての縫製工程を終えた後
胸厚部分、肩甲骨部分、こむら部分など、
特にスーツのシルエットの善し悪しを左右する
箇所のハリをアイロンで調整します。


スーツ作りの技術 メイキングムービー 取り扱い生地ブランド
伝統の技術 メイキングムービー 取り扱い生地ブランド




フォーマル スーツ
ジャケット
シャツ
パンツ
デニム
レザー
ネクタイ・カフス
ユニフォーム
リフォーム
ギフト券・ご進物
インフォメーション
銀座テーラー新聞
採用情報
関連サイト
銀座テーラーグループサイト
日本テーラー技術学院
平成サムライ塾
テーラー検定
Facebook
Ginza Tailor