オーダーメイド SAMURAI

「和」と「洋」の伝統美の比類なき融合<br>心と技が一体となった服、サムライ

合理的、構築的な「洋」の思想を具現化した正統的な洋服と、繊細で美しい「和」の伝統技術。漆釦、西陣織、花押を高い次元で融合させたスーツです。幕末、異国相手に真っ向から交渉に臨んだサムライのチャレンジ精神、探究心、尊厳、礼と義、強い志を銀座テーラーの技術とイマジネーションで表現しました。

更に、お仕立てはハンドメイドならではの身体にフィットする体型補正と仮縫いをベースとし、マシンメイドでお仕立てすることでリーズナブルな価格でご提案致します。
オーダーメイド以上から付けることの出来る仮縫いはお客様がお選びいただいた生地で行います。人の体型を知り尽くしたベテランカッターが生地の表情・厚み・縮率を計算した上で体型補正を行います。

¥145,000 +TAX ~

※漆釦・西陣・花押がセットされたお値段です。
仮縫い(¥15,000 +TAX)の代金を含んでおります。

西陣織(にしじんおり)

西陣織最高の技術である龍村美術織物を、スーツの随所にあしらっています。

龍村美術織物

世界的に認められた美術織物の創作と共に 正倉院、法隆寺を始めとした重要文化財の復元も手掛けています。

漆釦(うるしぼたん)

釦ひとつひとつが、福井県鯖江市に送られ漆塗りが施されます。
鯖江市は、輪島市と並ぶ漆の名産地。越前漆器の産地として有名で、日光東照宮を建てるとき、徳川幕府は大量の漆液の採集を越前に命じたと伝えられています。

花押(かおう)

従来のネーム刺繍に加え、お客様の花押をお作りし刺繍いたします。お名前や座右の銘などから、お好きな一文字をお選びいただき、その文字を花押にしたものからお選びいただきます。また花押師自らの筆による、花押の色紙を、お洋服とともにお届け致します。

OPTION

オプションで+2500円 +TAX で本切羽をつけることができます。

本切羽(ほんせっぱ)

袖口は「本切羽」が標準仕様となります。もちろん「開き見せ」にすることもできます。
また穴かがりの糸の色も、お選びいただけます。

EXAMPLE

PAGE TOP