NEWS

2017.09.27

新郎衣装のフロックコートのご紹介

今回は新郎衣装のおすすめとして、フロックコートをご紹介いたします。

「フロックコート」は1700年代後半から1900年代初頭にかけて着用された、クラシックな昼間用の礼装です。
現在では結婚式で目にする機会が多いと思います。

着用のおすすめシーンとしては、ホテルでの挙式やゲストハウス(邸宅などを貸し切るスタイル)などの結婚式に最適です。

お色直し時には、インナーのベストを替えたり、シャツを替えて夜の二次会まで着用されるお客様もいらっしゃいます。
もちろん、銀座テーラーとしてはイブニングのパーティではタキシードでバッチリ決めて頂きたいですが!

納期は通常約4週間(仮縫いのご来店によって変動)
挙式直前になると、ムービー製作やお手紙に追われますので早めの準備がおすすめです!(経験者談)

合わせるアスコットタイや蝶タイ・靴など…コーディネートにかかる時間を考慮して
3ヵ月前に来店頂けると余裕を持ってオーダー頂けます。

衣装に合わせる小物も店舗で購入でき、トータルコーディネート致しますので安心してご相談下さい。

またフロックコートの人気の秘密はなんと…挙式が終わった後、丈とフロントカットを丸くしてお直しすれば、通常のスーツとして使うことが出来るのです!

1度着たら終わりのレンタル衣装と違って思い出をカタチに残せるので、1着で2度楽しめて、新婦からの人気も絶大です。

 さらに銀座テーラーでお仕立て頂くと、二人の幸せな門出をお祝いする為に、結婚1周年記念にも使える「ワイシャツ」のギフト券を特別プレゼントいたします!

ご予算に応じて、「銀座テーラー本店」と兄弟店の「Ginza Tailor CLOTHO」のどちらでもオーダー頂けますのでぜひ、お気軽にご相談下さい。

WEBにて来店予約もできます♪ご来店、心よりお待ちしております。

PAGE TOP