NEWS

2017.06.22

素敵なお直しのご依頼

先日、お客様よりとても素敵なお直しのご依頼を頂きました。

それは、お父さまが愛用されていたタキシードを息子さんに譲り渡すためのお直しです。

その洋服はなんと、20年以上も前に銀座テーラーでお仕立て頂いたものでした!

しかし洋服の状態はとても美しく、一目でお客様が丁寧に保管されていた事が分かりました。

お直しは全部で3着を承りました。

タキシード1着は息子さんのサイズに、2着はお父さまご本人のためのお直しを。

その内容として、ジャケットが肩から身幅および着丈詰め、パンツがウエストおよび腿から裾幅詰めを行いました。

この夏、二人一緒にお召しになる機会があるそうです。

お父様が大切にしてきた洋服を、ご子息が大切に着続けていく。

そんな機会に立ち会えて、とても幸せな気持ちになりました。

私にも息子がいるので、いつかこんな風に素敵なギフトを…と思わず夢見てしまいました。

DSC_0668

ちなみにイギリスではご子息に譲ることを前提に、スーツを仕立てるテーラーもあります。

ハンドメイドスーツは修理しながら大切に着る価値のある洋服です。

その為に、表面からは見えない芯地の製作にも時間を費やし、設計しています。

長く愛用された洋服を、修理しながら大切に着ていく。

そんな素敵な場面に立ち会わせてもらいましたので、ご紹介させていただきました。

PAGE TOP