NEWS

2017.02.09

職人ブログ Vol.16

【しつけ】
今日は、「しつけ」についてお話ししたいと思います。
しつけとは、生地と生地をしつけ糸を使って動かないように止めていく作業です。
 
テーラーでは、このしつけを一着に対し約百本打っていきます。
かなりたくさん打つのだな、と思うかもしれませんが全てのしつけに意味があります。
 
地の目(じのめ)を狂わせないためのしつけ、後で行うまとめ(まつり縫いや星どめなど)をやりやすくするためのしつけ、次のしつけを打ちやすくするためのしつけなどと一本一本に意味があります。
 
テーラーになりたての時は、それぞれの意味などわからず、作業としてこなしてゆきます。
しかし、一本一本の意味がわかるようになってきて、だんだん技術者として上達したなと実感していくようになっていきます。
PAGE TOP