NEWS

2016.11.24

職人ブログ Vol.10

【ラペルのステッチについて】

銀座テーラー技術室の鈴木です。
こちらの画像はジャケットのラペル部分です。襟の端にステッチがあることがわかると思います。
こちらのステッチ、紳士服業界ではAMFステッチと呼んでいます。手縫いで縫っているような雰囲気が感じられますが、こちらのスーツは特殊な専用ミシンが使われています。弊社のマシンメイドのスーツにも使われています。
実はこのミシンの技術、私たちの誰もがやったことのある遊びの、ボーリングにとてもかかわりがあるんです。


AMFという聞きなれない3文字のアルファベットですが、ボーリング場ではどこでも見ることができます。ボーリングのレーンの機器などを製造している会社の名前だそうで、正式には「アメリカンマシンファウンドリー社」というようです。
このステッチミシンは針が生地を挟んで上下の機械の間をキャッチボールするかのように行き来させることで縫う仕組みとなっており、ボーリングのピンの頭を掴んだり、離したりする、自動でピンを立てる機器の技術が大きく関係しているようです。
まったくかかわりのないボーリングとこんなところで関係があるのはとても面白いですね。
http://facoltanimo.com/sp/

PAGE TOP